里井ピアノ調律所【大阪府堺市】




艶出し用ワックス
クリーンエースS 432円(税込)
シリコンクロス 432円(税込)
ピアノ用乾燥剤
モイストール 1,404円(税込)
※上記商品は調律訪問時のみの販売となります。



ピアノを設置するのに、床の補強が必要ですか?

新しい家であれば、ほとんどの場合必要ありません。



ピアノの重さはアップライトで約200kg、家庭用のグランドで300~350kgほどです。
現在の建築基準は180kg/㎡となっており、ピアノを設置する場合、ピアノは横幅が約150㎝あり、1㎡で収まらないため、実質2㎡(グランドは3㎡)で計算することになります。
そうすると耐荷重は360kg(グランドは540kg)で、ピアノを横に立てない限りは理論上はクリアできます。
ですが、実際の家屋は経年変化により劣化・損傷など様々なことが考えられますので、心配であれば、家を建てた建築業者に相談しましょう。
また、建築基準が制定される前の時代、70年、80年以上前に建てられた古い木造家屋などは、特に注意が必要で、床補強が必要になることがよくあります。

2017/10/24













ピアノなんでもQ&Aメンテナンスの知識ピアノの種類このサイトについて里井ピアノ調律所
Copyright © 2017 Satoi Piano Tuning Service. All Rights Reserved.